【質問】あなたは胸を張って時間を無駄にしていないと言えますか?

現代のほとんどの人が胸を張ってYESと言えないと思います。

なぜなら現代は情報が多く、やることも多く多忙です。
だからこそほとんどの人が時間を大切にしようと思っています。

でも気づいたら時間が過ぎている。
あなたの人生が本当にワクワクすることや心の底から満足できる時間を過ごせるよう、
今回は人生の時間と時間の大切さをまとめました。

1.生まれてから死ぬまでの時間を考えてみよう

2021年現在の日本人の平均寿命は82歳と言われている。
この瞬間に生まれ、平均寿命まで生きるとすると残された時間はこれくらい。

年:82年間
日:29,930日
時:718,320時間
分:43,099,200分

分かりやすいように日数で考えてみよう。
人間が生きる上で必要な睡眠、食事などの時間を考えてみる。

一般的な睡眠時間を7時間で計算すると…
209,510時間寝ることになり、日数にすると8,730日

朝昼晩と合計しての食事を2時間で計算すると…
59,860時間食事をすることになり、日数にすると2,494日

お風呂に入ったり身支度したり家事をする時間(20歳〜)を3時間とすると…
67,890時間費やすことになり、日数にすると2,829日

生活していく時間を差し引いて残された時間は、15,877日

2.自分の人生を生きることができているか

自分にとってほんとに自由な時間は何時間くらいあるだろうか。
消費するだけでは生きていけないので、仕事の時間も考える。

大卒から定年、22歳〜65歳までの平日43年間を1日8時間働くならば…
107,672時間は労働をすることになり、4,486日働くことになる。

労働時間を引いた11,391日はあなたの自由に使える時間になります。

まとめると…
睡眠:約24年
食事:約6年11ヶ月
家事:約7年10ヶ月
仕事:約12年4ヶ月

自由時間:約31年2ヶ月

この時間は自分の時間になります。ライバルに差をつけるのならば、
この自由な時間を有効に使う以外の道はありません。

時間とお金をかけて後悔するような飲み会に参加してませんか?
上司や先輩に頼まれたことをなんでもかんでも引き受けてませんか?
自分の力でどうしようもできないことにずっと悩んでいたりしませんか?

時間泥棒に時間を奪われたり、周りの目を気にしすぎるとまじで行動できないです。
気付いた時にはライバルに追いつけないみたいなことにならないよう時間を大切にしよう。

3.肩書きの掛け算で人生を駆け上がろう

掛け算をすることで市場価値を上げる方法はこちら↓

ひとつの分野でプロフェッショナルになるには10,000時間必要だと言われます。
毎日4時間ずつコツコツやっていく人でもその道のプロになるまで約7年かかります。

100万人に1人の人材を目指すなら毎日コツコツやり続けて約21年。
(100人に1人の3つの肩書き)

自分を高めるにも相当時間が掛かりますねー。
無駄な時間を過ごしている暇はありません!あと1年、あと1日だけの我慢は禁物!

職場での嫌なタスクや嫌な人と付き合うのにはめちゃパワーを使います。
燃費が悪く、仕事を通して幸せな人もなかなか増やせないと思います。

同じ時間を過ごすなら心の底からワクワクすることしませんか?

お金はもちろん大切です。周りから嫌われるのもいい気持ちではありません。
でもほんとに悩むべきことなのか気にすべきことなのかという観点で、
正しく悩むべきことや大切なことを見極めよう。

自分のなりたい明日とどちらが大切か比較してみよう。

4.ライバルも結局はやることやってるだけ

あなたの隣にいるライバルやテレビで見かける有名人まで、
結局は時間をかけてやることやってるんです。これは夢を叶える人の共通です。

自身の夢やなりたい姿になる為にまずは時間を確保しよう!

夢をひたすら語り続けているだけ、ずっと他の人の夢を批判しているのは、
自分の時間が勿体無いですよ!夢を追う人とはなるべく刺激し合おう。

100人いたら言われて行動するのは10人くらいだと言われます。
その中で行動を継続し続けるのはその10人の中で1人いるかいないか。

100人いれば100人が行動し続ける世の中になればいいですねー。
てか、そんな世の中を作りたい。

5.明日から自分に時間を使う為に

  1. 目的のない集まりや会話は回数を決めよう
    例:毎回同じメンバーで集まって毎回昔話をする(楽しいですが!)
  2. 自分の時間を奪う時間泥棒から距離を置こう
    例:わざわざ呼び出す人、愚痴の話をずっとしてくる人など
  3. なりたい自分を達成する為のイベントや情報収集には積極的になろう
    (今まで時間を避けてなかったことを痛感します)

6.まとめ

最後まで貴重な時間を使って読んでいただき、ありがとうございました。
本当に時間が大切過ぎるので、少し今回は厳しめな記事になりました。

時間を頑張って作ろうとするよりも必要でない時間を作らないようにする方が時間を作れます。

また記事を書いている途中に効率よく自己投資ができて、
みなさんのキャリアの選択肢が一つでも増えるような自己投資の記事を作っていきたいと思いました。

一緒に成長しましょう!!!

おすすめの記事