みなさん、今の仕事は楽しいですか?人生は充実していますか?
今回は明日の仕事が待ち遠しくなる仕事の見つけ方を紹介いたします。

1.仕事の見つけ方は人それぞれ

①仕事内容から選ぶ

職務によって仕事内容は大きく異なります。また内勤か外勤かでも異なります。
自分がどんな仕事がしたいのかを考えて探してみましょう。

難しい人は、人と話すのが好きか嫌いか、有形か無形どちらがいいか。
2択にして考えると条件にマッチした仕事内容から見つかりやすくなりますよ!

②スキルから選ぶ

スキルといってもさまざまな捉え方ができます。
自分の得意なスキルを活かして働くのもいいと思いますし、
逆に苦手なスキルを身につけるために仕事を探してもいいかもしれません!

③年収で選ぶ

収入は生活する上で大切ですよね。年収が高ければなんでもオッケーなのか、
最低限の収入があればオッケーなのかで優先度は変わってきます。

また先にスキルを身に付けたり、先に人脈が拡がる仕事に就いて、
その次の仕事で自分の年収を上げにいくキャリアプランもひとつの手です!

④福利厚生で選ぶ

最近社会人に現れてきたZ世代(1996年–2015年の世代)は福利厚生を重視する方が多いです。
仕事とプライベートを両立させて、物ではなく体験で人生を充実させたい人が増えてきました。

自分のやりたいことに時間を使いたい人や、大切な人との時間を作りたい人はおすすめです。
最近はユニークな福利厚生もあり、企業カラーが出ていて面白いですよ!

⑤働く人で選ぶ

何をやるかより、誰とやるか。この考えはとても大切です。
WEBで情報収取よりも肌で感じたり感覚が大切になってきます。

最近の企業は人事に依頼するとカジュアル面談をしてくれたり、
オフィスに遊びに行けたりします。積極的に参加しよう!

2.結論、一緒に夢を見れる企業で働く

仕事の選び方は人それぞれで企業の文化や色もさまざまですが、
最高の仕事を見つけるにあたって結論が2つあります。

  1. 自分のビジョンと企業のMVVが一致する企業で働く
  2. 自分が成し遂げたいビジョンのためのスキルが身に付く

この2つが一致していたら仕事とプライベートの境界線がなくなり、
明日が待ち遠しくなります。

  1. できるできないは考えず、自分が生きている間に成し遂げたいことはなんですか?
  2. そして、その成し遂げたいことのために自分はどんな価値を提供しますか?
  3. そして、価値を提供するために今不足しているスキルはなんですか?

上記の3つの質問が答えられたならばあとは行動するだけです。
同じ夢を持つ企業と同じ夢を持つ仲間探しに出かけましょう。

効率よく仲間を探すために是非実践していただきたいことがあります。

3.自分のビジョンを語って否定される

心の奥底に眠る自分の野望やビジョンを語って下さい。
そうすると大半の周りの人は否定してきます。時には笑われます。

否定されてもずっとビジョンを語っていくと、
不思議と似たビジョンを持った人が周りに集まってきて否定されることも無くなってきます。

そして、いつか同じビジョンをもった企業や仲間と出逢います。
叶えたいビジョンが具体的であればあるほど早く出逢います。

まずは自分の仲の良い仲間からビジョンを語ってみよう!

4.今日から一歩踏み出してみる

この記事で伝えたかったのは、仕事は自分の夢であるべきということです。
人生の大半を働いて過ごすなら明日が待ち遠しくなる仕事をしよう。

ビジョンを語ることで恥ずかしく思ったり、躊躇することは散々承知です。
でもまずはビジョンを語ってたくさん否定される一歩を踏み出そう!

世の中意外と温かいことにも気付くかもしれません。

おすすめの記事