みなさんの中には晴れて新卒で企業に入社して、

やるき男
うおーー!やってやるぞ!
がめつ男
俺がトップとってやる

やる気マックスの人もいる一方で、
会社辞めたい…、やる気0…、なんて思う人もいるかと思います。

A君
仕事辞めたいなあ…でも転職先が…

そんな人に提案したいです。フリーランス目指しませんか?

コロナ禍で企業の外注需要も大きく高まり、
高品質なサービスを必要な時に調達する流れができました。

生きるスキルを身につけてキャリアの選択肢を増やす為にも
是非最後まで読んで実践してみてください!

実際に入社当初、全くスキルがなかった僕もコツコツスキルを身につけて、
新卒2年目でフリーランスになりました。

そんな僕が新卒1年目へ向けて最速でフリーランスになる方法をまとめました!

1.正社員とフリーランスの違い

会社に雇われて決まった給与をもらう正社員に比べて、フリーランスとはどんな働き方でしょうか。
巷でよく聞く『フリーランス』の定義を改めて調べてみました。

フリーランスとは

特定の企業団体組織に専従しておらず、自らの技能を提供することにより社会的に独立した個人事業主である。日本では法令上の用語ではないが、自由業または自由職業とも呼ばれる。

Wikipedia:フリーランス

上記をまとめると、スキルを提供することで個人で経済活動をする人のことです。
別の表現として自由業とも言われるそうですが、実際に自由がとても多いのがフリーランスです。

①フリーランスのメリットとデメリット

実際、僕は駆け出しのフリーランサーですが、すでにめちゃくちゃ楽しいです。
平日、休日問わず好きな場所で働きたい人と好きなだけ働けてます。

疲れていたら昼に起きてもいいですし、仕事の合間に気分転換にジムに行ったりもできます。
とにかく自由に働けるんです。ざっとメリットをまとめてみました。

メリット
  • やりたい仕事ができる
  • ゼロから作る経験ができる
  • 働く時間・場所・人など自由に選べる
  • 収入が青天井でやっただけ自分に入る
  • 節税ができて手元に入るお金が多くなる
  • 取引先と属人的な付き合いになりやすい

一方のデメリットは自由である分、会社の看板もなく全て自己責任になります。
成長を止めてしまうと稼ぎ続けることは難しいと思います。

会社にいた時は、総務や経理の人が税金関連や契約書周りなどでお世話になっていましたが、
フリーランスになるとお金の管理や契約書の作成も全て自分でこなす必要があります。

デメリット
  • 収入が毎月バラバラで不安定
  • 自由な分、全ての責任は自己責任
  • 税金や契約書周りも自分で管理しないといけない
  • 正社員に比べて社会的信用は得にくい(ローンなど組みにくい)

正社員の頃と比べて圧倒的に自由になりましたが、
会社の看板がない分、個人のブランディングが生死を分ける鍵になってきます。

正社員とフリーランスを経験して、働き方の大きな違いが見えてきました。

②時間を売るのではなく価値を売る

会社員とフリーランスで大きく異なるポイントがあります。
それは報酬の発生が『時間』価値なのかという点です。

フリーランスでも時給で契約を結ぶケースはありますが、
いかに『価値』を提供するかで報酬の額が変わってきます。

いくら時間をかけようと時間に比例して評価されることはないです。

じゃあどうやったら価値を届けられるか。その方法はシンプルです。
市場価値の高い人材になって仕事をすることが近道になります。

需要が多い市場で希少な人材になろう!
市場価値を高める方法は過去にまとめてあります。まだの方はチェックしてみてください。

先生
スキルを身につけて自分の専門性を複数持って市場価値をあげよう!

2.フリーランスのお仕事

①フリーランスに多い職種

フリーランスと聞いて、『エンジニア』をイメージする方も多いでのはないでしょうか。
しかし、エンジニア以外でもフリーランスで活躍している人は結構います。

自分のやりたい職種については普段から情報収集する習慣をつけて下さい!

フリーランスに多い職種
  • システムエンジニア(インフラエンジニア)
  • 営業代行(アポ代行)
  • WEBデザイナー
  • インストラクター
  • インフルエンサー
  • 動画編集者
  • コンサルタント
  • マーケター
  • ライター

バックヤードの職種も人気で、人事やオンライン秘書まで幅広く活躍の場があります。
市場に需要があり、新たに生まれる職種もあるので世の中のトレンドをチェックしておきましょう。

②企業からお仕事をもらう流れ

フリーランスは個人事業主なので契約から請求まで全て自分でやります。
ここでは、大まかな流れを説明します。

【お仕事の流れ】

  1. 案件を見つける
  2. 企業に連絡する(DM、メール、電話など)
  3. アポイントを取る
  4. 打ち合わせ(提案)
  5. 契約
  6. 請求書送付
  7. サービス提供・納品

ざっくりこのような感じです。DMで交渉が完結することもあります。
僕の場合、アポイントをとってお客様の課題や要望をヒアリングして後日提案します。

Crowd Worksやランサーズに限らず、フリーランスと企業のマッチングプラットフォームは、
沢山あるので会社員の頃からどんな案件があるのか目を通しておくことをオススメします。

3.フリーランスになる為に

①フリーランスに必須なスキル

どの職種で稼ぐにしても独立して仕事をする為に必須なスキルをまとめました。

Ⅰ.ブランディング力

あなたの名前を聞いた人が皆が口を揃えて何をしていて、
どんな人か答えてくれるようになればブランディング成功です。

自身をブランディングすることで何もしなくてもお仕事がきます。

Ⅱ.自己管理能力

フリーランスは仕事をする時間も自由で、どの仕事を引き受けようが自由。
その分、全て自分で責任を負うことになるので必須です。

成長にも収入にも大きく関わるので今のうちから自分を管理しよう!

Ⅲ.課題解決力

お金をもらって仕事をする。どんな仕事であっても本質はお客様の課題解決に価値があります。
お客様の言語化できない課題を明確にし、提案して結果を出す力は非常に求められます。

また提案する際には、自分の担当範囲や料金などを明記して確認しておきましょう。
お金を払ったからといって無茶な要望をしてくるクライアントもいるので注意。

Ⅳ.クリエイティビティ(創造力)

お客様に価値を提供するにあたって人と同じことをやっていては埋もれます。
またこのクリエイティビティがない人は単なる下請けになります。

外部からの視点で新たな問題を発見して、
誰も思いつかなかったアイデアを提案できる力は非常に大切です。

②フリーランスに多い資質

Ⅰ.能動的に考えて動ける人

上から指示があるまで動く人や与えられた事だけやる人は、
今日から能動的に動けるようになろう。

同じ作業をしていても能動的なのか受動的なのかで成長スピードは天と地の差です。
受動的なフリーランスは下請けが大半を占めて悪条件の仕事が多くなります。

仕事は与えられるのはなく、価値を提供することが大切です。
その点では、何事も自発的に動けるような人はとても多いです。

Ⅱ.常に変化し続けられる人

これは個人でも組織でも共通して必要です。
企業では既存事業を一本にする。個人では同じ仕事を引き受ける。

新規事業を始めるのも、新たな仕事にチャレンジするのにも、
多少のリスクや労力もかかります。好んでやる人はいません。

しかしどうでしょう?市場のニーズは常に変化していきます。
そのニーズに対応できなければ、資金豊富な企業に打ち勝つことはできません。

現状に満足する事なく、常に自分をアップデートできる人ずっと活躍しています。
自分の成長と収入が直結しやすいのがフリーランスです。

Ⅲ.ひたむきに継続できる人

100人いたら行動するのは10人、継続できるのは1人

これは世の中の摂理だと思っています。継続できる人が結局1番強いです。
無理だと思う行動しない人がいる中で行動できるのは10人。
さらにその中でも大半の人は挫折していきます。

途中で辞めたくなる事もあります。意味がないように感じる事もあります。
でも自分のなりたい姿やお客様の為に行動し続けると知らない間に成長してます。

地味ですが、周りからどう言われようと成功するまでチャレンジし続けられる人は多い印象です。

下を向き続けてもコツコツ継続できる人は顔を上げた時にきっと頂上にいるでしょう!
フリーランスでも正社員でも関係ありません。継続しよう。

A君
でも、フリーランスに向いている人なんて生まれつきでしょ…
先生
待った!意識を変えて行動すれば誰でもフリーランスになれる!

4.フリーランスになるための準備

結論、新卒1年目からフリーランスになる事は可能です。
自分の周りでも1年目から本業を上回る収入がある後輩や、
会社の代表をやりながらサラリーマンとして働き続いている人がいます。

紹介したこともまとめてフリーランスになるための準備として、
今日からやり続けてほしい事を厳選して3つまとめました!

①自身のブランディングをしよう

自分のキャラクターや長所を生かした強力なブランディングをしよう。
肩書きやスキルがあったらそれらを組み合わせて希少性が出せます。

現時点で自分が価値を提供できることがあれば尖らせよう。
無い場合、自分のキャラクターや自分の詳しい分野を発信しよう。

その他にも発信したいことがあってもノイズは排除!

  1. SNSアカウントを作成して毎日1つは投稿する
  2. より専門的でニッチな分野から始める
  3. あなたの名前を聞いた時、◯◯している人と認識されるまで発信する

②何事にも成長機会を見出して楽しもう

言われるまで行動しなかった自分とは今日でおさらばしよう。
上司の期待を超え続けるパフォーマンスで取り組もう。

仕事をやる目的や意義を見出して楽しむ癖をつけよう。
誰よりも失敗して成長機会を増やそう。

  1. 目の前自分の仕事で誰が喜ぶのかを考えてみる
  2. 指示されるのではなく提案する癖をつける
  3. 言い訳はゼロにして次ならどうするかを考える

③1人でも多くの人と繋がろう

どんなビジネスでも、人と人がいて成立するもの。
国籍問わず老若男女問わずたくさん繋がろう。

思わぬところから依頼が来たり、世代ならではの課題も見つかる。
あなたの専門分野外からの情報もたくさん仕入れられるようになる。

  1. 目的のある出会いを増やす
  2. まずは自分からGiveの精神で繋がる
  3. 名刺やSNSなどを交換する癖をつける

社会人1年目でも10年目でも変わりはない

いかがでしたでしょうか。新卒1年目であろうと10年目であろうと、
価値を提供できる人材になれば誰でもフリーランスになることは可能です。

10年勤続していた人が経験という価値を作って活躍しているなら、
1年目というフレッシュな視点であったり使い慣れたSNSを使った価値を提供できます。

自分を発信して、自分の強みを生かした価値を提供するために。

意識と行動から少しづつ変化してくださると嬉しい限りです。
自分もブログやツイッターで常に発信しているので何かあれば気軽にDMください!

最後までお読みいただきありがとうございました!

おすすめの記事